動画レポート
MTBで行く
「実家(滋賀県長浜市)帰省ツーリング」
撮影・編集:天神橋5丁目
ブログ「ただ自転車通勤のためでなく」
http://tenjinbashi5.blog122.fc2.com/

2007年11月3日(土)
2007年11月3日(土)、天神橋5丁目(大阪・天満)から滋賀県長浜市の実家まで自転車で帰る恒例の「帰省ツーリング」を決行することにしました。長浜まで常識的なルートで帰ると、どんなに長くても150km以内に収まるため、“ロードバイクで帰るには”ちょうどよい距離になるんですが、今回は翌週の「ワシはGT。さん企画 京都北山 廃村八丁ツーリング」のトレーニングも兼ねてブロックタイヤのMTBで帰ることにしました。
しかしながら僕はMTBで100km以上走ったことがまだ2回くらいしかないですし、ロードよりずっと時間がかかるはずなので、暗くなりそうなら最後は輪行しようかなと、ちょっと弱気のスタートでした。

<大阪・淀川〜宇治橋編 10分02秒>
まず、自宅から5分で行ける淀川の毛馬こう門をスタートして、淀川自転車道で枚方市まで行き、枚方から府道13号線で八幡市の御幸橋まで行った後、御幸橋から宇治川沿いの道に初めて入り(宇治川沿いにはダート区間があるので、これまで桂川沿いと木津川沿いしか走ったことなかったんです)、宇治橋に着くまでの映像です。


別のところにもアップしていますので、途中で再生が止まってしまう方はこちらでもお試しを…

<宇治橋〜瀬田の唐橋編 10分01秒>

宇治橋にある紫式部像のアップから始まり、平等院表参道を抜けた後、宇治川と瀬田川沿いを通る滋賀県道・京都府道3号線(大津南郷宇治線)で琵琶湖に向かって進んでいきます。ここは通称「宇治川ライン」とも呼ばれ、近畿のローディの練習コースとしてもよく使われています。

宇治川ラインはなんといっても天ケ瀬ダムのダム湖「鳳凰湖」の景色がとても良いのですが、今月末にでも行けば見事な紅葉を見ることができるんじゃないでしょうか。その頃は車も多いかもしれませんが…。

宇治橋をスタートして琵琶湖の最南端「瀬田の唐橋」に着くまでの映像です。


別のところにもアップしていますので、途中で再生が止まってしまう方はこちらでもお試しを…

<瀬田〜オバケ浜編 10分03秒>

琵琶湖の最南端、瀬田の唐橋からずーっと琵琶湖東岸を北上します。せっかくMTBで来てるわけですから、ロードだったら通ろうと思わないところをなるべく通りながら進んでいきます。琵琶湖にはすでにたくさんのカモがいましたし、カモに混じってコハクチョウもちょこちょこいましたね。

道の駅「草津」で昼食休憩し、さらに琵琶湖東岸を北上して、近江八幡市と安土町の境界あたりにあるウィンドサーフィンのメッカ、通称「オバケ浜」(なぜ「オバケ浜」と呼ぶのかは知りませんが、大阪、京都、神戸ナンバーの車がずらりと並び、この寒いのに大勢のサーファー達が波乗りしてました)に着くまでの映像です。


別のところにもアップしていますので、途中で再生が止まってしまう方はこちらでもお試しを…

<安土町〜長浜城ゴール編 8分47秒>

最終回は途中から一人仲間が加わります。彦根市に入ってすぐのあたりで出会った、大阪の堺市から完全自走で1泊2日の琵琶湖一周ツーリングに来られていた、67歳のロード乗りの方です。キャリアは数十年らしいのですが、最近まで相当長いブランクがあったらしく、すごく久しぶりの遠出だとおっしゃってました。この日は長浜に泊まるというので、長浜まで1時間半ほど一緒に走らせていただきました。

長浜市内に入ってこの方とお別れし、僕一人で豊公園(ほうこうえん)に行き、公園内の長浜城(本当は歴史博物館です)をゴールということにして、今回の動画レポートは幕を閉じます。


別のところにもアップしていますので、途中で再生が止まってしまう方はこちらでもお試しを…

 写真レポートへ

ブログ「ただ自転車通勤のためでなく」
http://tenjinbashi5.blog122.fc2.com/

inserted by FC2 system